過活動膀胱

過活動膀胱(OAB:Overactive Bladder)は、尿意切迫感が必須症状で、
通常は頻尿や夜間頻尿(就寝後に何回もトイレに起きる)を伴います。

時には切迫性尿失禁(急に強い尿意が起こってトイレまで間に合わずに尿がもれる)を伴い、生活の質を著しく低下させる疾患です

病態

  • ・神経疾患に起因する神経因性とそれ以外の非神経因性の機序に大別されます。
  • ・非神経因性の要因としては、膀胱の血流障害や加齢性の変化、慢性の炎症などが考えられています。
  • ・女性の場合は、女性ホルモンや骨盤臓器脱(子宮脱や膀胱瘤など)の関与が言われています。また、男性では前立腺肥大症の関与が示されています。

排尿症状

  • ・尿意切迫感
  • ・頻尿、夜間頻尿
  • ・切迫性尿失禁
  • ・排尿困難感
  • ・残尿感 など

原因

神経疾患

脳血管障害、パーキンソン病、多系統萎縮症、認知症などの脳や、脊髄損傷、多発性硬化症、脊髄小脳変性症、脊髄腫瘍、頸椎症、後縦靭帯骨化症、脊柱管狭窄症などの脊髄の神経疾患が原因となることがあります。

メタボリック症候群や生活習慣病

近年、膀胱の血流障害や加齢性の変化、慢性の炎症などを引き起こすメタボリック症候群や生活習慣病が、過活動膀胱の要因として注目されています。

女性ホルモンの低下

女性ホルモンは尿路(膀胱や尿道など)に作用し、尿道内圧の増加や膀胱知覚(尿意)の閾値の増加など尿を溜める作用を有していると言われています。
女性ホルモンの低下が頻尿や尿意切迫感の要因となります。

骨盤臓器脱(女性)や前立腺肥大症(男性)

これらの疾患による膀胱出口の閉塞が原因で、膀胱の神経や筋肉に異常をきたし、過活動膀胱を引き起こす可能性が考えられています。

治療

行動療法
<生活の改善>

肥満の改善、運動療法、禁煙、便秘の改善などが過活動膀胱の改善につながる可能性が報告されています。

<膀胱訓練>

排尿を我慢することにより、尿を溜める力を改善させる方法です。
報告によっては過活動膀胱の治療薬と同等の効果があると言われています。

<骨盤底筋訓練>

男性ホルモンの前立腺に対する作用を抑えることにより、前立腺を縮小させ尿道の物理的な圧迫を軽減します。

薬物療法
<抗コリン薬>

現在、過活動膀胱の治療として最も使用されており、有効性と安全性が確認されている薬剤です。
特に患者さんの尿意切迫感の改善に効果を発揮します。
ただし、便秘や口渇感などの副作用を認めたり、閉塞隅角緑内障の患者さんに使用できない、という注意点があります。

<β3アドレナリン受容体作動薬>

膀胱の蓄尿機能を高め、尿意切迫感も改善させます。
抗コリン薬より便秘や口渇感などの副作用は少ないと言われています。
また、最も新しいこの種類の薬剤であるビベグロン(商品名;べオーバ)が、閉塞隅角緑内障の患者さんにも使用できるようになり、使用される機会が増えています。

<その他>

三環系抗うつ薬や漢方薬(牛車腎気丸)、女性ホルモンなども治療薬として使用されることがあります。

<ボツリヌス毒素の膀胱壁注入療法>

薬物治療で改善が得られない過活動膀胱(切迫性尿失禁)に対して行われ、尿道から内視鏡を挿入し、膀胱内から膀胱壁にボツリヌス毒素を注入する治療です。
今年に入って保険診療の適応となりました。
膀胱壁に注入されたボツリヌス毒素が、膀胱の不随意な収縮を抑えて切迫性尿失禁を改善します。
現在当院では施行していませんが、連携を取っている産業医科大学若松病院で行われており、ご紹介にて治療を受けることが可能です。

神経変調療法

電気刺激療法や磁気刺激療法などの治療の有効性が報告されていますが、当院では施行していません。