院長「上野 陽右」退任のご報告

 

令和2年10月をもって医療法人 泌尿器科皮膚科 上野医院 院長「上野 陽右」は退職させていただくことになりました。

本年9月に食道癌の手術をうけ、癌そのものは転移もなく無事終了いたしましたが、高齢のために術後の回復が思わしくなく、今後の診療は難しいと判断され、ご本人の希望にて退任することになりました。

─ 上野 陽右からのご挨拶 ─

昭和41年より54年間、地域の一開業医として、大変お世話になりました。誠に有難うございました。

─ 理事長 大坪 広樹 からのご挨拶 ─

上野陽右先生がご高齢ということもあり、少しでも負担を軽減するために、令和元年7月より私が当院の経営を引き継いでおりました。今回、院長職を退任されるにあたり、先生が真摯に地域医療に尽くされることで地域の方々と築き上げられた信頼関係を引き継ぎ、そして今後も変わらず、地域に貢献できるよう、しっかりと努めてまいります。

 

なお、上野 陽右院長 退任後も上野医院はこれまで通り変わらず診療を行ってまいります。
昭和41年に上野院長が開業して以来、これまで皆様には格別のご厚情をいただき心から厚く御礼申し上げます。
今後とも新体制となりました上野医院に、一層のお力添えを賜りますよう心からお願い申し上げます。

臨時のお知らせ|お知らせ 投稿日:2020年12月09日